プロレスマニア必見☆びっしびし速報・マニア話

「時は来た!ただそれだけ!」 サラリーマン格闘技オタ、ここに登場。 特にストロングスタイルを愛する新日ファンですが、ドラゴンゲート・UFCも好き。 観戦後は必ずジムに行って鍛える妄想格闘オタ。。。 マニア情報から、試合結果まで幅広く独自にお届け!

2013年10月07日

シャムロックとのバトル、ルッテンとの死闘、近藤との次世代争い、
いい試合場場からだと思う。


引退は例の試合コロシアム2000でのヒクソン戦、
負けたのは悔しかったけど、気絶から起き上がった時の
ファイティングポーズにはうるっとした、
無意識に構えるんだな~~


引退試合の時は、組長、佐山、小鉄、ライガーが来てくれてた。

その後は、前田さんのビックマウスラウド、HEROSとかで
解説していたけど、オレ的には試合してほしかったな。
柴田のトレーナーをしていたけど、
柴田の仕上がり具合がもの凄かった、体が。
理論に基づいた名トレーナーだよね、

そんなこんなで、また復帰するわけだけど、
初戦で桜庭、次に田村、負け2回。。。
3戦目でミノワマンから勝利、
やっぱり格闘路線はきついのかなと感じた。

U系で誰ファン? といわれた時に、前田、高田、船木
に分かれると思うけど、自分は船木かあなぁ。

やっぱりパンクラスが衝撃的だったし、
秒殺で試合って決まるんだなと知った。

船木さんは、15歳の時に新日本入団。
同期には、武藤、橋本、蝶野、野上と豪華メンバー。
格闘技経験すらないから1度は落ちたが、
小鉄さんに直談判で合格。
一生懸命練習していたから組長にも気に入られたらしい。
(組長は岩手、船木は青森だしね)

SnapCrab_NoName_2013-10-7_9-35-36_No-00

デビューも15歳11ヶ月で最年少記録だった。
そこまで試合数はなかったはず、

その後は、前田・藤原と新日退団して伝説のUWF。
からの、藤原・鈴木・高橋と退団して藤原組。
からの、鈴木・高橋とパンクラスへ。

SnapCrab_NoName_2013-10-7_9-36-37_No-00


船木の戦績を見てみると(格闘技系でね)
39勝13負 
勝ちで有名なとこだと、シャムロック、シュルト、近藤、鈴木
負けだと、ルッテン、田村、桜庭、伝説の試合でヒクソン
やっぱりシャムロック試合が印象深い、1勝2敗か。。。
ルッテンとの試合は、顔ボコボコだった、
シュルト倒すんだもんね、鈴木とは1回だけ、
でもデビューしたてのシュルトだから防御知らなかったしな。

SnapCrab_NoName_2013-10-7_9-35-58_No-00

藤原組で身体を大きくするために太らせたので、
ここでハイビリッドボディ論を提唱。
フランキースペシャルだっけ?シャムロック特性のご飯、
バナナに、ご飯少しと牛乳。。。

パンクラス時代、今の全日、体つき違うもんね、
スゴイな自由に操れるの。





前田さんも震え上がった、新日鬼軍曹!山本小鉄 、
本名は山本勝さんらしい。

外人勢で教えるのが上手いのは、ゴッチ・ルーテーズだとしたら
日本では小鉄さん入るでしょう~~~、
直接の試合は観たことないけど、
おばあちゃん言うには、 「勘太郎とベルト取ったよ」とか言ってた。

SnapCrab_NoName_2013-10-7_0-32-34_No-00


172cmで小さく、力道山に何回も追い返されたらしい。
ある時、本気の熱意を感じ取ってくれたらしく入門OK。
勘太郎とヤマハブラザースを結成して、国際プロレスに乗り込む。
相手は、グレート草津・アニマル浜口でIWAタッグになるはず。

ホントに鬼軍曹だったらしく、組長は刺し殺すとか言って
包丁を研いだとか。。。(やりかねない、)
それくらい厳しくても、前田・鈴木・船木、真壁・小島、
その厳しさにみんな感謝しているらしい。

SnapCrab_NoName_2013-10-7_0-32-43_No-00


永田さんのところの、チームジャパンのコーチや、
団体は忘れたけど、女子プロレスのコートもしていたような、 

今でも新日には、「ゴッチイズム」と「小鉄イズム」があるらしい。

 

このページのトップヘ